>

安全なネット利用を推進するネットリテラシー啓蒙サイト

ネット風評の発生と激化がもたらすデメリット

恐怖のネット風評被害

インターネットを介したサービスを利用するに当たって、ネット上での風評被害の発生は大きなリスクの一つであり、SNSの利用やブログ及びサイト運営のようなネット上での活動に対するデメリットに留まらず、最悪の場合は実社会にまで悪影響を及ぼしかねない恐ろしいものです。

風評被害といっても単に悪口もしくはうわさ程度なら黙殺した方がいいのではないかとお考えの方も居られるでしょうが、黙殺による風評被害の鎮静化を狙えるのは、ネットリテラシーを解して日頃からネット利用に際し個人情報を全く漏らすことなく利用できていた個人に限られ、知名度や信用を要する企業には難しいでしょうし、ネットリテラシーに基づく対策を万全に行っていた場合も、情報を伴う悪意の書き込みに対しては通用しません。

何故ネット上の風評被害は後を絶たないのか

ネット上での風評被害は様々なパターンが存在しており、被害状況もケースバイケースですが、パターン化するほど繰り返されているため、対策を講じることで減少して然るべき問題でしょう。

しかし、匿名性の高さによって悪意の第三者によるデマゴギーないし善意の第三者による誤報が、情報源の確認もされないままSNSのように情報伝達速度の速いツールで爆発的な広がりを見せるネット環境に加えて、インターネット利用者の中に混在する高度な専門知識や高い行動力有す、やはり匿名の人物がデマゴギー並び誤報を信じて独自に情報収集に当たり、結果としてインターネット上にある風評被害を受けた企業の痕跡から企業を特定するまでに至ることが少なくないこともネット風評被害が減少に転じない一因となっています。


この記事をシェアする