「婚活」とは、結婚活動の略語で、就職活動の「就活」に見立てて作られた造語です。

初めて婚活という言葉を使ったのは、社会学者である山田昌弘氏で、2007年に出版された雑誌で初めて使用しました。その動機として、山田氏は「日本の結婚の実態を明らかにして、結婚したいけれどもできないという人をサポートしたい」と述べています。結婚活動、というできればしなくてもいい活動を表す言葉ですが、今では完全に市民権を得てしまいましたね。今の世の中はそういった結婚願望があっても結婚できない男女がかなり多くなってきているということでしょう。

婚活と言う言葉が世に広がりをみせると共に、テレビなどでも取り上げられ、「婚活ブーム」が到来しました。婚活ブームと少子化対策を背景として、婚活の支援を行う地方公共団体や企業が出てきており、婚活専門にビジネスを展開する企業も増えています。

また、女性が結婚相手に求める収入の水準が高まって、さらに少子化が進む一方で、不安定な収入の状況にある者のできちゃった婚が増えるのではないかという懸念の声も出てきています。

このサイトはそういった幸せな結婚を目指す男女に参考になる情報を載せていきたいと思います。難しく考えずとも、今は男女ともに結婚相手を探して婚活をしている状態です。ちょっとしたきっかけで良いご縁が見つかるかもしれません。


カテゴリー

婚活の基礎知識
婚活の基礎知識として、男女の傾向や婚活とするにあたっての考え方などを紹介しました。
婚活の実際
実際を婚活をするには、どうしたらより良い縁を見つけて、それを成功に結びつけるかと紹介しました。
婚活のサイト
婚活を助けるサイトが数多くありますので、それらを紹介するとともに、問題点なども明らかにしました。
トラブル
トラブルの実例やトラブルを防ぐにはどうしたらよいかなどを記述しました。
婚活関連情報
婚活関連情報として、どういう婚活のために組織やネットのサイトなどがあり、どういう考え方があるかなどを紹介しました。